社員インタビュー

営業戦略企画部 2022年入社 女性

これまでのキャリア

2022年新卒として入社し、研修後は営業戦略企画部に配属となりました。
先述のサイトアップ業務やアクセス分析のほかに、セミナーの運営(スケジュール調整やアンケートの集計)などに携わっています。

仕事内容

コラムを作成する部署から共有されるWordの原稿を確認し、サイトにアップする業務を行っています。具体的には、文中内リンクを設定したり、画像を埋め込んだりなどです。
また、掲載後のアクセス状況をまとめて、分析するという業務も行っています。分析を通して、当社サイトをもっと見ていただくにはどのような取組みをするべきかなどを考えたりもしています。

業務の中で嬉しかったこと

サイトのアクセスデータ分析を行っても、必ずしも原因が特定できるわけではありません。しかし、アクセス数が上がった時に、なぜ数字が上がったのか仮説を立て、その検証ができたり、納得のいく結論が導き出せた時は達成感があります。

当社を選んだ理由

企業においてコンプライアンスへの取り組みが年々重要視されるなど、「企業危機管理」はどの企業にとっても欠かせないものです。
当社では、リスクをを予防するところから、実際に起きてしまった後にどのように対応するかまでのサポートをしています。企業危機管理の考え方や実践方法について業種問わず身につけられることが当社ならではと感じたからです。

就職活動のアドバイス

私が就職活動していた時は、色々な業界を見て、興味を持った説明会には参加するようにしていました。
いろんな企業を知ることが自分の軸の形成につながることもあるので、視野を狭めずに検討することが大切だと思います!

コンサルティング部 2021年入社 男性

これまでのキャリア

2021年4月に入社し、2か月の研修を経て6月にコンサルティング部コンサルティング課に配属となりました。
配属後半年は先輩コンサルタントに付いて学び、今は自分でお客様の担当をさせていただいています。

仕事内容

私の仕事はいわゆる営業で、時々新規営業も行いますが、メインは既存のお客様からのご相談です。それは弊社のサービスが、会社の危機管理だから。世の中の会社はみなさんに、安心して働いてほしいと願っています。
そのために、もし大地震が起きたら、もし社員がいじめに遭っていたらと、みなさんを守る準備をしています。でも、「もしも」のときのノウハウがある人は多くありません。
弊社には、会社のリスクについて、幅広く知識を持つ私たちコンサルタントと、ある分野に深い知見を持つ専門家がいます。
コンサルタントの仕事は、お客様の「困った!」に真っ先に駆けつけ、お話を聞くこと。そして、各分野の専門家とタッグを組み、トラブル解決を最後までご支援すること。
実は、みなさんの身近な会社の裏で、がんばっている仕事なんです。

業務の中で嬉しかったこと

月並みですが、やはり人から何かを任せてもらえたり、感謝されることです。特に、自分が試行錯誤したこと、努力したことが評価されると、うれしく思います。 率直に言って、私はまだまだ勉強中の身です。
先輩コンサルタントはお客様のお悩みを解決し、「○○さんに相談して本当によかった」と感謝されます。一方で、私にできることはほとんどありません。それでも、一部だけでも自分の意見がお客様の役に立てることはあります。そんなときは素直に、やりがいを感じます。
また社内では、忙しい先輩コンサルタントに代わり、先輩の資料作成などを代わりに行うこともあります。仕事を教えてもらう以上それは当然のことですが、どの先輩も必ず「ありがとう」と言ってくださいます。
ちょっとしたことばかりですが、がんばろうと思えます。

当社を選んだ理由

興味がある領域で、自分のやりがいとも合致し、さらに世間の需要も増す仕事だと感じたからです。
興味というのは単純ですが、刑事ドラマやリーガルサスペンスが好きだから。防犯や防災にも、昔から関心がありました。
やりがいは、私の場合は他人に認められ感謝されること。感謝されない仕事はないと思いますが、この仕事はひとしおです。
その上コンプライアンスや危機管理という分野は、SDGsなどの世相からも分かるように、今後ますます重要になります。
こうした自分にピッタリの業界の中でも、弊社ほどあれもこれも学べる環境はありませんでした。同業の企業は、調査だけ、防災だけ、危機管理広報だけという場合がほとんどなので。
勉強することは多いですが、興味とやりがいをもとに努力すれば、必要とされ続ける人間になれると考えました。

就職活動のアドバイス

私の好きな言葉を書きますね。
『どっちの後悔を選ぶか、それが人生でしょ』。何かの映画のCMで聞こえてきた、ある女優さんのセリフです。
私は欲張りなので、今良い環境にいても、いつか隣の芝が青く見えるはず。でも私は恵まれたことに、自分の責任で進路を決めることができました。
後悔しても人のせいにできないので、その時はこの言葉を都合よく借りて、前向きになろうかなと思っています。
みなさんの就活が、後悔してもいいと思える結果になりますように。

管理部 2021年入社 女性

これまでのキャリア

2021年4月に新卒として入社し、研修後に経理課へ配属となりました。
社内の経費関係の業務から始まり、徐々に預金の入出金管理や請求書の作成にも携わっています。

仕事内容

経理業務を担当しており、会社の経費関係の処理や預金の入出金管理、請求書の作成を行っています。

業務の中で嬉しかったこと

経理課はさまざまな部署や支社、営業所から問い合わせを受けることも多いのですが、徐々に社員の方々に頼ってもらえる機会が増えてきたことが嬉しかったです。
また、学生時代に勉強してきた会計の知識が活かせている瞬間は、努力してきた甲斐があり、嬉しく感じます。

当社を選んだ理由

経営環境が激しく変化する現代において欠かせない「企業危機管理」という業務を提供できる会社だからです。
お客様に危機管理のプランを提案することはもちろん、現場に出向いて実践面のフォローも行える会社という点にも魅力を感じました。

これまでのキャリア2021年4月に新卒として入社し、研修後に経理課へ配属となりました。
社内の経費関係の業務から始まり、徐々に預金の入出金管理や請求書の作成にも携わっています。

就職活動のアドバイス

就職活動は、自分と向き合うことのできる貴重な機会だと思います。最後まで諦めないことが大切です。自分が納得いくまで、諦めず挑戦し続けましょう。

企業情報部 2021年入社 男性

これまでのキャリア

2021年新卒として入社しました。研修後は企業情報部に配属となり、情報収集、分析業務に携わっています。

仕事内容

2年目になった現在、私は主に二つの業務に従事しています。
一つ目は、データベース構築のための情報収集業務です。
当社には日本最大級の反社チェックのデータベースがありますが、私はそのデータベース構築に必要な情報収集を担当しています。今朝の最新情報から、数十年前の過去の情報まで幅広く収集します。
二つ目は、分析官のサポート業務です。
当社のサービスのひとつに企業調査があります。これは、クライアントから企業調査のご依頼を頂いて、対象企業を調査・分析し、その結果をご報告する仕事です。この業務において、分析官をサポートをしつつ、私自身も一人前の分析官になることを目指し、分析官の調査・分析手法を学んでいます。

業務の中で嬉しかったこと

私が業務の中で、嬉しさを感じた瞬間は二つありました。
一つは、苦労して情報を見つけた時です。まるで、“お宝を見つけた”ような感覚です。試行錯誤を重ねて、情報を探り当てたときに感じる、嬉しさは、一際大きいです。
二つ目は、クライアントが感謝して下さっているのを目にした時です。
私が携わる業務の多くは、当社のサービスに直結するものであり、クライアントのために行っているものです。そのため、クライアントの感謝を目にした時には、微力ながら貢献できたという達成感・嬉しさを感じました。

当社を選んだ理由

自己の知識や好奇心を存分に活かし、楽しんで仕事ができそうだと思ったからです。
私は、法学部でしたので、法律の知識を活用できる会社で働きたいと思っていました。また、単純に「知らないことを知る」のが好きでしたので、業務の中で好奇心を満たせるかどうかも重要でした。当社は、「危機管理」というサービスを提供している会社であり、業務の中には、情報収集や調査・分析といったものがあります。この会社で働けば、法律の知識や好奇心を活かして仕事ができ、楽しそうだなと思い当社を選びました。

就職活動のアドバイス

世の中にはいろいろな仕事があります。私自身、この会社を知るまで、「危機管理」という仕事の存在を知りませんでした。
世の中にはどんな会社があるのか探しつつ、焦らず、じっくり、納得のいくまで就活を頑張ってください。

企業情報部 2021年入社 男性

これまでのキャリア

2021年新卒として入社しました。研修後は企業情報部の配属となり、情報収集業務、およびデータ作成の為の入力業務を行っています。

仕事内容

情報を収集し、データ化する仕事です。
昨今、高度情報化社会に伴い社会を生き抜くためには多種多様な情報を入手しなければならない時代となってきました。
私の仕事は、このような社会において、求めるところに求められる情報を適切にお伝えする為の土台作りを行っています。

業務の中で嬉しかったこと

情報を収集し、データ化するという技術や方法など、配属当初は全く出来なかったのですが、丁寧に教えてもらい、少しずつ出来るようになったことです。

当社を選んだ理由

昨今、企業の情報漏洩など会社としての危機管理が問われる時代において、その分野のリーディングカンパニーとして最先端を突き進む当社の在り方に共感したため。

これまでのキャリア

2021年新卒として入社しました。研修後は企業情報部の配属となり、情報収集業務、およびデータ作成の為の入力業務を行っています。

就職活動のアドバイス

企業の面接を重ねていくと、他の就活生の面接でこの回答や立振舞いは参考になるな!と思う人と会うこともあると思います。そのような場合はメモしておきましょう。別の企業の面接で参考に出来ることがあります。

管理部 2020年入社 男性

これまでのキャリア

2020年新卒として入社しました。研修後は経理課に配属となり、社内に関する仕事から始め、今では請求書の作成といった社外への仕事をメインに行っています。

仕事内容

経理課として、会社の経費関係の仕事や請求書の作成を行っています。

業務の中で嬉しかったこと

会社に関わるお金についての知識が、配属当初まったくなかったのですが、1から教えていただき、だんだん理解できるようになったことです。
また、経理課での仕事はすべての部署とかかわりがあるので、特定の部署や社員だけでなく、バックオフィスから第一線でお客様と対応をする現場の社員まで、幅広くお話を聞くことができました。

当社を選んだ理由

コンサルティングやセミナー開催、検索システムの提供、アウトソーシングといった幅広い業務を一括で行っているため、ここでしか学べない、様々な視点からの知識を得られると思ったからです。また、当社の魅力にも記載のある、「まだ表面に出ていない潜在的な危機を回避する」という考え方にも興味を持ちました。起きてしまってからの対処法はもちろん、まず起こさないよう早期発見、予防するという知識は、当社でしか学べない知識だと思います。

就職活動のアドバイス

自己PRややりたいことなど、面接や履歴書で必要になってくることが、わからなくなってきたら、とにかく思いつくことを紙に書き出すとよいです。きっと自分が気づいていないことが見えてくるかもしれません。焦らず自分のペースでいきましょう。

営業戦略企画部 2017年入社 男性

これまでのキャリア

2017年4月~2020年6月 総務人事業務
2020年7月~現在 セミナー運営、BCP(事業継続計画)業務
※2019年6月~2021年3月 一部上場メーカーの企業不祥事対応チームでお客様先に常駐。

仕事内容

お客様が求めているもの正しく理解し、分かりやすく物事を広める仕事。
現在私は主に2つの業務を担当していますが、学生生活であまり馴染みがないBCP(事業継続計画)関係業務について説明します。
BCPは、Business Countinuty Planの略。企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇後、いかに早く通常業務に戻れるかを考える仕事です。この業務に関する基本3原則は予測、予防、対応になります。予測で言うと、お客様企業が位置する市区町村の地域防災計画、周辺の地震、水害、土砂災害の被害想定などを確認した上でまとめ、担当者に分かりやすく伝える仕事になります。
この分野には限りませんが、関われば関わるほど、様々な情報が入ってきますので、日々刺激を受けながら仕事をしています。

業務の中で嬉しかったこと

お客様企業常駐中の出来事です。
当時私は企業の緊急事案対応チームに所属しており、毎週担当者へ案件の進捗状況をExcelで管理し、報告。(対象は1,000件ほど)
概要版を作成し、担当者が上司に報告できるよう、私の方で資料作成のお手伝いをしていました。当時の報告資料は、担当者、上司などの視点を取り入れつつ、お客様と二人三脚、ゼロベースで作成した資料になります。
2021年に入ってその事案が徐々に収束し、私は本社での業務に戻りました。この間お会いした時に、「今も当時作成していたExcel資料を使っていますよ!」と担当者から聞いた時は、自身が作成した資料を通じ、お客様の力になれていると感じ、嬉しかったです。

当社を選んだ理由

当社を選んだ理由は2つあります。
・企業理念に共感し、安心・安全を提供できる業務に携われること。
・異なる価値観、企業文化、専門分野に触れることができ、自分の限界を決めずに挑戦できること。

就職活動のアドバイス

人生は一度きり、自分が後悔しないような就職活動をしましょう。
コロナ禍の影響で、面接や説明会がWEB中心になり、社員との交流機会も減り、選考企業の見極めが難しくなっていると思います。自身が思い描いている企業で働くイメージと選考先企業の取組みなどを、ぜひ面接官や人事と交流する一環で聞いてみましょう。