SEMINAR

セミナー内容

本年2月東京都が「カスハラ防止条例」の年内施行に向け動き始めました。東京都の発表により、社会的な動きも拍車が掛かってきた状況がみえます。
気を付けるべきは、条例が施行されるから対策に取り組むという考えではなく、“当社の従業員は当社が守る”という考え方が必要であるということです。
問題となっているカスハラは、条例に左右されて整備する問題ではなく、自社が先駆けてでも行うべき対策です。

そこで、SPNでは過去より当社実践対応理論である5ヶ条を提唱してきましたが、この5ヶ条がどのように実践で活用できるものであるか、実例を題材にして改めて解説してまいります。是非、カスハラ対策に取込み整備にお役立て下さい。

セミナー終了後も、会場の時間を確保しております。
クレームやカスハラでお困りごとがありましたら、スタッフにてご相談をお聞きします。

こんな方におすすめ

  • 総務・人事部門、顧客対応部門、営業部門、従業員相談窓口など

セミナー概要

開催日時

2024年7月5日(金)14:00~15:00

開催場所

ウインクあいち 13階(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

  • JR名古屋駅桜通口から:ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
  • ユニモール地下街 5番出口から:徒歩2分
  • 名駅地下街サンロードから:ミッドランドスクエア、マルケイ観光ビル、名古屋クロスコートタワーを経由 徒歩8分
  • JR新幹線口から:徒歩9分

 

受講料 無料
持ち物 筆記用具
定員 54名
ご案内チラシ こちら
お申込み締切

2024年7月2(火) 23:59

お問い合わせ

infodesk@sp-network.co.jp

プログラム

  1. なぜ、5ヶ条が必要であるのか
  2. 第1条を理解していればこのような事態は・・・
  3. 第3条を把握していることで抜かりなし!
  4. 第4条を意識すれば自ずと対処は見えてくる!
  5. 第5条を熟知すれば対応は迅速化する!
  6. 第2条を切り分けることは対応の基盤となり得る!

講師紹介

 

森田 久雄 総合研究部 上席研究員

 

2002年当社に入社後、東京本社人的支援部門にて、企業より依頼を受け不当要求対応、反社会的勢力対応などを実践対応し、その後、企画部門にて実践経験を活かし、数多くの実践対応セミナーを講演する。依頼が多い時で年間100本を超える。
2014年札幌営業所所長として北海道札幌市に赴任後、北海道全域の企業に危機管理の視点より、リスク及びクライシスに関する様々な事案のアドバイスを行う傍ら、不当要求、コンプライアンスを中心に講演活動を行う。その後、沖縄営業所立ち上げのため、2017年8月に那覇市内に移住し同年9月1日に沖縄営業所を開設する。4年間沖縄の企業に様々な危機管理を実践。2021年7月東京本社に戻り現在に至る。
 2024年3月6日 J-WAVE「STEP ONE」、2024年5月24日フジテレビ「ノンストップ!」にカスハラ対策のコメンテーターとして生出演

お問い合わせ先

株式会社エス・ピー・ネットワーク 
メール:infodesk@sp-network.co.jp